• 【宅建の基礎知識】宅地建物取引主任者の概要など
  • 【宅建の資格はこんなところで活躍できます!】宅建が活かせる場所はどこ?
  • as04xxx
  • 【宅建試験対策】過去問題・合格率・試験会場・通信教育(学校)など
  • 【資格試験の合格ライン】何点取れば合格できる?
  • 【過去問特訓での勉強法】過去問を上手に利用しよう
  • 【その他の関連する資格】宅地建物取引主任者と相性のよいライセンスとは
  • 【マンション管理士】マンション運営に関わるマンション管理士
  • 【ファイナンシャルプランニング技能士】資産運用の達人・ファイナンシャルプランニング技能士

  • 【宅建の基礎知識】宅地建物取引主任者の概要など
  • 【宅建試験対策】過去問題・合格率・試験会場・通信教育(学校)など
  • 【その他の関連する資格】宅地建物取引主任者と相性のよいライセンスとは
  • 【Q&A】宅地建物取引主任者の質疑応答

宅地建物取引主任者の取得目指して勉強! | 宅建レスキュー

私たち人間は衣・食・住の三つを全て満たして初めて文化的な生活が出来ます。そのため、衣・食・住に関わる職業は常に安定しているといえます。住に関わる資格で高い人気を誇る宅地建物取引主任者になるためにはどうすればいいのかなど、宅建について紹介していきます。

宅建レスキュー 〜 宅建(宅地建物取引主任者)の資格・試験情報!

いつの時代も、不動産関連の職種は「安定感がある」として高い人気を誇っています。安らぎの場所である自分の家を得るには、建売物件を買うか賃貸物件を借りるかの二択に絞られるからです。

不動産に関連する資格の中でも、特に「宅建」こと宅地建物取引主任者の人気は留まる所を知らないといえます。宅地建物取引主任者とは、どのような業務を取り仕切る資格なのでしょうか?

宅建はどんな資格なのか?

旧建設省によって1958年に創設された宅地建物取引主任者は、「宅地・建物などの不動産が公正に取引されること」を目的としています。

宅建資格を取得することで、「取引相手への物件に関する重要事項の説明」「売買・賃貸契約に関する説明書・契約書への記名と押印」などが独占業務として行えるようになります。

公正な取引とはどういうものか?

昔から宅地や建物は、取り扱い業者の意図によって不公正な取引が行われることが多いものです。例えば、事件や事故の現場となった建物は「精神的瑕疵物件」「事故物件」と呼ばれ、リフォームやクリーニングを念入りに行っても入居者が入りにくいものです。

そういった物件の経歴を隠して入居希望者に勧めることは不公正な取引そのものです。宅地にしても、有害物質が検出された土地を転用した物件を造成したものなど危ないものも含まれるケースもあります。

このように、開示すべき情報を隠蔽した業者が有利になる不公正な取引を防ぐことが、宅建の存在意義なのです。

宅建資格者の強み

宅建は資格の中でも「就職に強い」といわれています。なぜなら、宅建は不動産業に付く為には欠かせない資格だからです。宅地建物取引主任者が在籍しているということは「公正な取引が出来る業者である」という証明にも繋がり、社会的な信用を高める働きを得られます。

つまり、不動産業者にとって宅建の資格取得者は喉から手が出るほど欲しい人材になっているといえます。また、司法書士や行政書士などの士業資格と合わせて宅建を取得するケースも多く、自己のキャリアアップにも活用できる強い資格であるといえます。

資格試験はどんな感じ?

宅建を含む、法律を背景にして成立している国家資格は試験が難関になりやすい性格を持っています。これは、「試験に合格=資格者として活動出来る実力がある」と見做される国家資格ならではの性質でもあります。

宅建資格試験での合格率は弁護士や司法書士などの士業に比べて高いものといえますが、試験の為の勉強量は士業に引けをとらない分量であり、気楽に構えていられないのも事実なのです。

  • 宅建の合格率
  • 各都道府県別の宅建協会一覧
  • 宅建向けの通信教育・学校の一覧

10.04.22
宅建の参考リンクを6件追加いたしました。
10.04.22
宅建サイトを開設いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。