宅建,資格

宅建の資格はこんな所で活躍できます!

資格を取得する目的は、「資格が活用できる職種に就きたい」が一番多いものですが「現在の仕事に活かしたい」「キャリアアップに活用したい」といった自己実現への活用を目的にする場合があります。宅建資格を取得することで、どのような場合に活躍できるのかを紹介していきます。

こんな場面で宅建資格を活用しよう!

宅建資格は不動産業に就く上で大変重要な意味合いを持っています。しかし、不動産業への就職は宅建資格を持っていなくても出来るものです。

では宅建資格を取得しておくことはどのような時に役立ち、どのようなメリットがあるのでしょうか?

独立開業には向かない?

司法書士・行政書士・公認会計士などといった「士」が付く国家資格は「士業」と呼ばれ、独立開業の足がかりに最適な資格といわれています。しかし、同じ国家資格でも宅地建物取引主任者は独立開業には不向きとされています。

なぜなら宅建資格は不動産業のための資格で、宅建で独立開業するということは不動産屋としてスタートするということと同義になるのです。不動産屋は新規開業してもなかなか軌道に乗せられない難しさがあるため、独立開業には向いていないのです。

就職に活かそう

「宅建資格が不動産業で無いと活かせない」ということは、逆に言えば宅建資格を取得しているということは、「不動産業への就職に最適」ということでもあります。宅建資格を持っていれば売買・賃貸の契約の中心になれるので、契約数に応じた歩合制を導入している会社ならば宅建取得は収入アップに直結します。

しかし、不動産業に就職した後で宅建を取得する人も少なくないので、資格があれば確実に就職できるというわけではないことに注意しましょう。

士業への活用

宅建は不動産業だけでなく司法書士・行政書士などの士業にも高い人気があります。司法書士や行政書士は、不動産取引に関連する業務を扱うことも少なくないものです。これは宅建資格を取得することで、「不動産に強い」という印象付けと知識の蓄積が出来るというメリットがあるからです。

単独では独立開業しにくい宅地建物取引主任者資格ですが、士業と合わせて取得しているとキャリアアップになり、高い効果を発揮するのです。

その他の職場での活用

不動産業や士業だけが宅建資格の取得に熱心というわけではありません。金融業や建設業なども、宅地建物取引主任者資格の取得が盛んな職種といえます。金融業では不動産を担保物件として扱う機会が多く、建設業では宅建の試験範囲に含まれる建築基準法の知識が要求されます。

宅建を取得することは職場に対して自身のスキルアップを表明する手段ともなるのです。また、ファミリーレストランやコンビニエンスストアといったチェーン展開している企業でも、新規出店先を探す部門に所属する人が宅建を取得するケースもあるようです。このように、宅建資格は不動産に関わる可能性がある場面で活躍する資格なのです。

  • 【宅建の基礎知識】宅地建物取引主任者の概要など
  • 【宅建試験対策】過去問題・合格率・試験会場・通信教育(学校)など
  • 【その他の関連する資格】宅地建物取引主任者と相性のよいライセンスとは
  • 【Q&A】宅地建物取引主任者の質疑応答