試験,対策

試験問題の対策

試験に合格する為には、あらかじめ分かっている試験範囲に合わせた勉強を行うことが前提条件となります。しかし、勉強の仕方が的を外れていると合格もおぼつかなくなってしまいます。どのような方法で勉強することが宅建試験の対策になるのかを紹介していきます。

宅建に受かる為の試験対策の立て方

試験には独特の緊張感が付き物です。この緊張感に飲み込まれて本来の実力を発揮できず合格に達しなかったという話は珍しくもないものです。

そのために、受験者は悔いの残らないように全力で試験に臨めるよう対策を立てて努力を積み重ねなければならないのです。宅建試験に向けて、どのような対策を立てた上で勉強すればよいのでしょうか?

選択肢に惑わされない

宅建試験は、四つの選択肢から正しいものを選んでマークシートに記入する多択式問題で行われます。つまり、当てずっぽうでも4分の1の確率で当たることになります。逆に言えば勘で答えれば12~3点しか取れないということです。だからこそ日常の成果の積み重ねが必要になります。

試験本番では、多択式問題にありがちなミスリードを誘う選択肢に惑わされないようにすることが大事です。ミスリードを誘う選択肢は、正解に近い文脈を使っている場合が多いので惑わされないように正しく読み取れるよう、問題集などで練習しておきましょう。

時間配分を間違わない

宅建試験は、正味2時間が試験時間として与えられています。時間内に50問答えることになるので、1問あたりの時間配分は2分24秒となります。問題を読む時間を15秒、マークシートに記入する時間を10秒程度とすると、正解を選ぶ時間は2分弱ということになります。

試験のテクニックとして「難しい問題は後回しにする」というのがありますが、難しいかどうかを判断する時間も必要になるのが難点です。マークシート記入を早めるために先の丸まった鉛筆を数本用意しておくなどの時間短縮対策も準備しておきましょう。

5点免除制度を活用しよう

不動産業に従事する人限定ですが、事前の登録講習に参加することで5点分の問題に当たる問46~50が免除される5点免除制度があります。免除された問題の分だけ試験時間が10分短くなりますが、2時間50問よりも時間配分が少々有利になるというメリットがあります。

利用が制限される制度ですが、2ヶ月間の通信講座と2日間のスクーリングを受けられ試験対策として有意義なので利用できる立場にあるのであれば参加しない手はないといえます。

法改正の情報は必ず抑える

現在使われている法律の多くは昭和の中頃に作られており、中には明治時代に初稿が作られたという法律さえあります。そのため、時流に合わせての法改正は毎年のように行われているものです。

そのため、過去と現在で同じ法律の運用を扱った問題の答えが違っているという場合も少なくないのです。法改正の情報は総務省や各省庁の公式ホームページや政府広報などで調べることが出来るので、可能な限り法改正の情報と施行時期を抑えるようにしておきましょう。

  • 【宅建の基礎知識】宅地建物取引主任者の概要など
  • 【宅建試験対策】過去問題・合格率・試験会場・通信教育(学校)など
  • 【その他の関連する資格】宅地建物取引主任者と相性のよいライセンスとは
  • 【Q&A】宅地建物取引主任者の質疑応答