過去問

過去問特訓での勉強法

試験対策の勉強の基本は、実際の試験で出題される範囲の勉強をすることです。しかし、念入りに勉強した箇所が必ず試験で出題されるというわけではないのも確かです。そこで過去に出題された過去問で本試験への対策を立てるのが重要になります。過去問を使った勉強法について紹介します。

過去問による試験勉強を充実させる為には?

テストで良い成績を残す為には、実際のテストで出題される問題を事前に解くことが最善と言えます。

しかし、現実にはテスト前に完璧な形で問題を入手することは不可能に近いため、可能な限りテストで出そうな箇所にヤマを掛けて勉強するしかありません。出題予想をする時などに役立ってくれるのが過去問なのです。

過去問で出来ること

過去問はその名の通り「過去に出題された試験問題」のことで、実際の試験で使用された問題を集めた問題集の代名詞ともなっています。

過去問には多くの情報が詰め込まれおり、受験者にとっては値千金の受験ツールであるといえます。

出題傾向の予測材料に

試験問題というものは年度・試験目的・作成者などの要因によって千差万別に変わるものです。特に、問題を作る作成者は出題傾向に大きな影響を与えます。大学受験の予備校では過去問を分析し作成者ごとの出題傾向を把握した資料を作っていて、模試の問題などに活用しているのです。

宅建試験でも出題傾向を分析してどのような問題が出題されるのかという出題予測に活かして勉強に役立てることが出来ます。

問題集として利用し実力アップ

過去問は、実際に試験に使われた問題なので試験勉強の問題集として役立てるのが基本です。しかし、過去問と同じ問題が出ることが無いように出題者側は苦心して問題作成を行っているものです。

過去問を問題集として活用する場合は、「実際の問題に触れて実力チェック」「問題を解き答え合わせで自分の弱点を発見する」といった利用法が最適でしょう。

参考書として利用する

過去問を集めた書籍には、必ず詳細な解説が付いた解答集が別冊子などで付属してきます。解答に付随する解説は、参考書に載ってもおかしくないほどの要点を付いた内容になっていて、問題と合わせて纏めて参考書として利用するのも一つの手です。

解答集が別になっていない過去問集の場合は、ノートに書き写しながら纏めると効率アップが期待できます。

模試で利用される過去問について

資格取得の学校では、宅建試験に向けた模擬試験を年数回行うことがあります。模擬試験で出題される試験問題は、10年以上前の過去問を利用していることが多いのが特徴です。過去10年間の過去問は、問題集として纏められて出版されているため本試験では重複する問題はほとんど出ないものです。

しかし、それより前の過去問は参考書・問題集としての入手が困難なため、本試験で出題される場合も少なくないのです。ただし、古い過去問は近年の法改正に対応していないという短所があるため、独学で利用する場合にはよく注意しておかなければなりません。

  • 【宅建の基礎知識】宅地建物取引主任者の概要など
  • 【宅建試験対策】過去問題・合格率・試験会場・通信教育(学校)など
  • 【その他の関連する資格】宅地建物取引主任者と相性のよいライセンスとは
  • 【Q&A】宅地建物取引主任者の質疑応答