管理業務主任者

管理業務主任者

「三人集まれば派閥が出来る」と言われるように、多くの人が集まれば価値観の違いなどでトラブルが起こりやすくなるものです。多くの入居者が集まるマンションでもそれは同じで、マンションを管理する業者は多大な苦労を強いられます。ここではマンション管理に関わる管理業務主任者について解説していきます。

宅建の関連資格〜管理業務主任者

マンションは一戸建てやアパートと違って、入居者によって独特の距離感を持ったコミュニティが自然に形成されやすい性質を持った不動産といえます。

その独特の距離感の為、騒音や生活時間の違いなどによるトラブルや水道などの設備破損の影響が大きくなる傾向にあります。マンション内コミュニティを円滑にするために努力するのが、管理業務主任者なのです。

管理業務主任者とは?

管理業務主任者は、マンション管理士と同じく「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」の下に成り立っている国家資格です。

そのため、2001年8月から施行された歴史の浅い資格といえます。管理業務主任者の独占業務はマンション管理の委託契約を受ける際に重要事項の説明を行なうこと、管理委託契約書及び重要事項説明書への記名・押印、管理事務の報告など、宅地建物取引主任者に似た内容となっています。

管理業務主任者の働き

マンション管理士は入居者・権利者で構成される管理組合のコンサルティングを行うのに対し、管理業務主任者はマンション管理会社に所属してマンションの維持やトラブルの解決に尽力することになります。

経年劣化などによる施設・設備の破損に対する修繕の手配や修繕に伴う入居者へのフォロー、他の入居者から苦情が寄せられている入居者への処分、管理組合からの要望に対する回答などとマンション全体の環境を整える為にしなければならないことが山積みです。縁の下の力持ちとしての役割が管理業務主任者に求められているのです。

管理業務主任者になるためには

管理業務主任者資格を取得する為の試験は、毎年12月第一日曜日に開催されます。試験科目は「管理事務の委託契約に関すること」「管理組合の会計の収入及び支出の調定ならびに出納に関すること」「建物及び付属施設の維持または修繕に関する企画又は実施の調整に関すること」「マンションの管理の適正化の推進に関する法律にかんすること」「前各号に掲げるもののほか、管理事務の実施に関すること」となっています。

特に注目したいのは「管理組合の会計の収入及び支出の調定ならびに出納に関すること」で、簿記や財務諸表論の知識が求められるということです。管理業務主任者は、不動産業務に関する国家資格で経理に関する知識を求められる唯一の資格でもあるのです。

宅建との関係

不動産業に従事する人にとって、宅建と管理業務主任者はぜひ取得しておきたい二大資格といえます。マンションを管理物件として扱っている業者の場合、30管理組合に最低一人は専任として管理業務主任者を置かなければならないからです。このように宅建主任者にとっては、キャリアアップに繋がる資格といえます。

  • 【宅建の基礎知識】宅地建物取引主任者の概要など
  • 【宅建試験対策】過去問題・合格率・試験会場・通信教育(学校)など
  • 【その他の関連する資格】宅地建物取引主任者と相性のよいライセンスとは
  • 【Q&A】宅地建物取引主任者の質疑応答