【宅建資格でスキル習得】不動産業で活躍する為のステップアップ

就職で悩んでいる就活生は資格の取得をめざしてみてはどうでしょう。国家資格である宅地建物取引主任者という資格は、独立・開業することができ、将来的にはとても有望な資格とされています。
また、不動産業において必須なしかくであるため就職にも困らないんだとか。

  • 独立ができる将来有望な資格

    独立ができる将来有望な資格

    就職で悩んでいる人が多い中、宅建資格は不景気な就職氷河期にも有利!将来は独立することもできて、有望な資格の一つとされています!

  • リノベーション形態が増えつつある!

    リノベーション形態が増えつつある!

    中古物件を買い取り、修復、さらに賃貸物件や売買物件として入居者や購入者を集うリノベーションという開業形態が増えているんだとか。

  • 不動産業には必須資格!

    不動産業には必須資格!

    資格が重要になる時代の今、不動産業では宅地建物取引主任者が大人気!就職難を乗り切りたい人には宅建がおススメ!

 
 

リノベーションとは、古くなった物件を安価で購入し、改修工事後に賃貸や売買物件として扱う形態を言うそうです。
元の状態に戻すリフォームとは違い、付加価値をつけるのがリノベーション。
不動産の開業形態の一つで、最近増えつつあるそうです。

【就職に有利!】宅建資格で不動産業のプロフェッショナル

“100年に1度の就職氷河期”なんて呼ばれている現在、大学を卒業していても就職が難しいと言われています。さらには、就職することが出来ずにニート(無職)という人も多くいるようです。

安定した仕事に就くことが難しい現代で必要なものは、やはり資格のようです。
国家資格レベルまでなると、資格と直結した職に就職することが出来、就職活動においては一番有利とされています。
弁護士・医師・税理士・公認会計士・宅地建物取引主任者・介護福祉士など、数ある国家資格の中でも就職や開業に有利な資格・宅地建物取引主任者について紹介していきます。

プロフェッショナルになるために!不動産業には宅建が必要

宅地建物取引主任者とは、宅建と略して呼ばれることの多い国家資格のことです。不動産取引を公正に行うため、建設省によって作られた資格でもあります。

不動産業においては欠かせない資格であるため、絶大的な人気のある国家資格の一つとなっているようです。
また、不動産業では、業務に従事する人「5人につき1人以上」は宅建の資格を所有している人を配置しなければならないと定められているそうです。
また宅建の資格を持っていないと行えない業務などもあり、不動産業で働くためには必須の資格とされています。

不動産の開業形態はこうなっている!

不動産とは、土地またはその土地に定着している建造物など、固定されているため動かない物を指しているそうです。土地の定着物は動かないものと分かっていただけたと思いますが、もう一つ間違え易いものに土地の構成物というものがあります。

定着物は建物などの動かないものですが、構成物とは土地に落ちている土や砂、草や樹木などが含まれることになります。
ただし樹木の場合は、明認方法や立木法に登録していると不動産として扱われることになります。

不動産屋とは、土地の定着物である建物を「管理」したり、所有者の依頼により入居者を集い、借りたいと言う人との「仲介」を行うことを業務としている事業です。
管理と仲介、両方の業務を行っている不動産屋もありますが、どちらかのみを専門としている不動産屋もあるそうです。

自社物件の紹介が多い賃貸管理業

管理を専門にしている不動産屋では、自分の会社で管理している物件を紹介することが多いと言われ、不動産屋自体がオーナーということもあるそうです。さらに、他のオーナーから管理の委託を受けている物件の紹介が殆どだそうです。

理会社の業務とは、入居者が決まった賃貸物件の管理などとなります。
家賃の集金やクレーム対応など、賃貸物件のオーナーとの契約によって業務内容にも変動が見られるとされています。

引越しシーズンが稼ぎどき!賃貸仲介業

賃貸物件を所有しているオーナーからの依頼によって、入居者の募集を行い、入居者の決定や契約成立までの業務を仲介と呼びます。

仲介をしている不動産会社では、入居者への募集〜契約を成立させることで、仲介手数料を得て収入としています。 仲介料は物件1つに付き、ひと月分の家賃が上限額となっているそうです。
仲介を専門に行っている不動産会社は、入居者との契約数が売り上げに関係してくるため、1年の始まりから春頃は引越しシーズンで売り上げが上がる時期でもあるんだとか。

リノベーション物件を扱う不動産屋が出現!

不動産屋が管理や仲介している物件には、購入が可能な物件もあります。
購入した中古物件などには、室内の改修などが必要になる場合もあるため、リフォームをする人も多いです。

しかし、最近ではリフォームではなく、リノベーションという「修復」を目的とした工事が多くなってきており、不動産屋の中には中古物件の販売とリノベーションを同時に行ってくれるところもあります。
参考までに、物件販売とリノベーションを行っている不動産サイトを紹介しますので、ご覧になってみてください。

不動産の開業形態にはリノベーションが増えてきているらしい。

リノベーション ワンストップ

中古物件を修復して、さらに賃貸物件とするリノベーションの不動産が増えてきているようです。リノベーション賃貸について詳しく知りたい方は、ワンストップ不動産が参考になることと思います。

スキルアップだけじゃない!開業もできる優れた資格

宅地建物取引主任者は、独立・開業できることでも知られており、将来的には大きな成功を掴み取るチャンスを持っている資格です。
開業した際の形態は、上記で説明した賃貸仲介業や賃貸管理業だけでなく、売買仲介業などの業務形態もあるそうです。しかし、不動産業は起動に乗せるまでが難しいとされ、独立・開業には向いていないとも言われています。

資格取得後は、不動産業界で実績を積み、同業者との情報交換や経営のノウハウを身につけていきましょう。
実績を積む中で信頼できる同業者や弁護士、専門家たちと知り合うことができ、独立・開業したときのメリットにもなるそうです。

  • 【宅建の基礎知識】宅地建物取引主任者の概要など
  • 【宅建試験対策】過去問題・合格率・試験会場・通信教育(学校)など
  • 【その他の関連する資格】宅地建物取引主任者と相性のよいライセンスとは
  • 【Q&A】宅地建物取引主任者の質疑応答